ニュース

11月3日(木)ゆうむどうむ 訪問コンサート

毎年恒例の八王子市恩方の老人保健施設「ゆうむどうむ」に今年も行って参りました。
あいにくの曇り空でしたが、比較的暖かく中庭の特設ステージで演奏できました。
国分寺支部の生徒さんもお手伝いに来て下さり、25名ほどの生徒さんの参加がありした。
昨年好評だった「おもちゃの交響曲」は、お母さまのお手伝もあり楽しく演奏できました。
スズキの教本第1巻から第4巻のなかから数曲選んで聞いていただきました。また開場の皆様と一緒に歌うコーナーの「ふるさと」「紅葉」では、毎年のように口ずさんで下さる方があり感動しました。
キラキラ星変奏曲の時に一番小さい生徒さん(3歳?)が登場すると、客席から『かわいいねぇ!』と声がとび、お顔をほころばせていらっしゃいました。キラキラ星を演奏しながら客席を回り、最後に恒例の握手をして、拍手のうちに無事コンサートを終えることが出来ました。
DSC01409.jpg  DSC01394.JPG
 
DSC01405.JPG 

DSC01423.JPG  DSC01433.jpg

10月23日(日)上野ヴァイオリンクラス+宮地フルートクラス合同発表会

ヴァイオリンとフルートのコラボレーション・コンサートが開かれました。
明るい秋の日差しを浴びながら、楽しい一時でした。
P1010079.JPGP1010083.JPGP1010165.JPG

第62回夏期学校終了

 8月2日〜5日に恒例のスズキ・メソード夏期学校が松本で開かれました。例年になく涼しい夏期学校で、雨にもあわず気持ちよい4日間を過ごしました。
 大震災や6月30日の松本地震の影響が懸念されましたが、変わりなく生徒が集まり盛り上がりを見せました。長野県松本文化会館を中心に近隣の学校や体育館などをお借りして、1000名を越える生徒が4日間一生懸命に学びました。午前中のレッスン、午後のグループレッスン、そしてコンサートなど盛りだくさんの毎日を送りました。
 ゲストのヴァイオリニストの渡辺玲子さんの演奏やレッスンが目新しく、今までにない刺激を与えてくれました。
 来年は63年目にして初めて開催されないことが決まり、会員も先生方もがっかりしています。

このページの上部へ